これから美容師を目指す方へ!美容時免許で多様な働き方を実現しましょう|足立・葛飾・江戸川区で美容室をお探しならターゲット

お知らせブログ

これから美容師を目指す方へ!美容時免許で多様な働き方を実現しましょう

2021.01.18

お知らせブログ

images

業務のIT化や非正規雇用の増加によって、現在多種多様な働き方が生まれています。それは美容師も同様です。
店舗でずっと勤め上げる」「フリーランスの日雇いとして業務に携わる」「夜のお仕事専門」など様々な分野で美容師が活躍しています。
実際にターゲットでも美容師を目指す方、またはキャリアに悩んでいる方からのご相談をいただくことが増えてきました。
そこで、今回は美容師の働き方について、ターゲットの考えをご紹介したいと思います。

 

■美容師の仕事の意義とは?

美容と理容は法的に全く違う職種です。美容師免許をお持ちの方が、理容店(床屋)で働くことは法律違反になります。
反対に理容師免許でサロンで働くことも当然問題です。
美容師の仕事は女性の美を追求し続けて、髪結いからパーマ。さらには、カットカラーを主体としたヘアーデザイナーへと時代とともに進化してきました。
ベースとなる理念は、自身のスキルを高め、シーンに合わせて妖艶・高貴・ナチュラルなど様々な髪型をデザインしていくものだと言えます。
そして、イメージに沿って施術を完成させれば、様々な感謝をいただける職業です。

 

■多種多様な働き方が可能な美容師免許

美容師というと、一つの美容室でのみ勤務をするイメージをお持ちの方も多いかもしれません。
しかし、現在の日本では業務委託美容師や派遣美容師など様々な働き方が増えています。
具体的には、撮影現場における美容師派遣、銀座のクラブやキャバクラといった夜仕事専門など細分化しています。
少し裏話となりますが、Instagramで積極的にヘアスタイルを掲載していたり、美容ポータルサイトで人気だったりする美容師は、基本日雇いが多い傾向にあります。
つまり個人として名を高めて活躍するスタイルです。
美容室で勤務する以外にも、「美容アドバイザーとしてドラッグストアーで働く」「介護施設等でヘアーデザイナーとして働く」「フリーデザイナーとして訪問美容を行う」などの形もありえます。スキル次第で、様々な業種と結び付けられる点が美容師免許の強みだと言えます。

 

■美容師の将来性とキャリア

ヘアーデザイナーとしての歴史があり、これからも変化を続ける点で美容師は新しい仕事とも言えます。
現在新型コロナウイルスが猛威を奮っている状況ですが、「国家資格で守られている」「独立が可能」など活動の制限を受けにくい職業です。
デザイナーのスキル次第で、未来を切り開いていけるのが特に素晴らしい点だと思います。
反面、自由にキャリアを積み重ねられるため、自分自身で将来を切り開く姿勢が必要だったり、スキルを高め続けたりする必要が出てきます。
様々な選択肢が増えて、個人が働きやすくなっているのも確かですが、スタイリストとしての経験や技術はより求められるはずです。
そのため、ターゲットとしては、普通のサロンでスキル向上を目指すことをおすすめしています。ただ、オーナーがおよそ20万人いる中で普通のサロンを見つけるのは非常に大変です。
一つの目安として、福利厚生(社会保険・厚生年金・労災保険・雇用保険)を完備していること&完全週休二日の労働環境が最低条件になると思います。

 

■ご自身のニーズに合わせた働けるターゲット

ターゲットでは、働くスタッフとオーナーの距離が近いのが特徴です。
店舗経営を間近で見たり、自分の意見を積極的に述べたり、マイペースに働いたりとご自身のニーズに合わせて働けます。
福利厚生も充実しているので、着実にスキルを向上させつつ、5年・10年後の開業を目指して働くのも一つの手かもしれません。
美容師は、いつでも、どこでも、災害時でも、人々に必要とされる仕事の一つです。接客・人間・美・手先の仕事が嫌いでなければ、お客様との信頼関係が継続し、生涯現役で美容のアドバイザーができます。
もし、美容の道を志すかどうか迷っている方がいれば、間違いなくおすすめできると自信をもってお伝えいたします。

ターゲットの採用情報はこちらをクリックしてください。

 

pagetop

pagetop